ページの先頭です

現在位置

あそびにきぃや。奈良しもいち。~行政視察受け入れ編〜 令和6年4月1日より受付開始!

  • [公開日:2024年4月3日]
  • [更新日:2024年4月3日]
  • ID:381

奈良県吉野郡下市町への視察について~廃校活用・官民連携・ファシリティマネジメント・地域づくり などの取組について、担当職員が説明します~

奈良県吉野郡下市町は、奈良県のほぼ中心に位置し、東西9km、南北11.5km、面積61.99km2の町です。
北には明日香村、東には吉野山で有名な吉野町、南には大峯山や洞川温泉を有する天川村、世界遺産大峯奥駈道といった全国的に有名な場所に囲まれています。
車では大阪方面から約1時間20分、電車では近鉄大阪阿部野橋駅から特急で約1時間(近鉄下市口駅下車)でお越しいただけます。


【視察内容】

小中一貫義務教育学校「下市あきつ学園」の建設により小学校・中学校が空き校舎となることから、2つの校舎の利活用について役場内に全職員の約2割がメンバーであるファシリティマネジメントプロジェクトチーム(注1)を立ち上げたところから、”事業者決定”、”空き校舎をにぎわい拠点として事業者と連携したまちづくりへの進展”、”にぎわい拠点が誕生する中で産・学・官・地域が連携し、下市町全体の賑わい創出に取り組む「下市町賑わい創出協議会(注2)」設立”などについて、下市町賑わい創出協議会職員がパワーポイントを用いて説明します(約60分・下市町役場で実施)。

(注1) 部局横断型・人事異動に影響されない・施設整備まで実施するプロジェクトチーム

(注2) 町・商工会・観光協会・各事業者・奈良女子大学などを含む15団体で構成。

     5名のコーディネーターを中心に、各種プロジェクトの推進や、賑わいづくりに取り組む事業者・団体へのヒト・コト・モノ に関する支援も行っている。


●FМプロジェクトの実績

・旧下市中学校、旧下市南小学校、アメニティセンター

⇒活用事業者決定。令和5年4月~順次活用(町からの運営補助なし)。

・旧秋野小学校、旧広橋小学校、旧南都銀行 

⇒民間で活用中(町からの運営補助なし)。

・旧阿知賀小学校 

⇒サウンディング型市場調査済、事業者募集手続中。

 

※   空き校舎活用施設の視察につきましては、各施設運営事業者の対応で、有料で受入をしております。

  ご希望される場合は、お申込み時にお問合せください。

詳細については、こちらをご覧ください。

視察申込書

プレリリース「あそびにきぃや。奈良しもいち。~行政視察受け入れ編〜」

お問い合わせ

下市町役場 本庁舎地域づくり推進課

住所: 下市町大字下市1960番地

電話: 0747-52-0001 0747-68-9070 

ファックス: 0747-54-5055

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム