ページの先頭です

観音堂仏像四体

[2016年5月11日]

ID:17

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

観音堂仏像四体(下市町指定)

安楽寺

阿弥陀如来立像の写真

阿弥陀如来立像
木造 像高135cm
両足を揃えて立ち、上品下生の印相をもつ阿弥陀如来で、後世のものと考えられる金箔に古色が付いたのか全体に黒っぽく檜材の一木造りで、平安時代中期のものと思われる。

聖観音立像の写真

聖観音立像
木造 像高155cm
左手に未敷蓮を持つ檜材一木造りで、黒一色に塗られているのが目立ち、すらりとした姿のよい像である。

四天王二体の写真

四天王二体
木造 像高109cm(二体とも)
般若寺(現観音堂)の四天王であったと思われる内の二体で、(1)増長天・(2)多聞天共に檜材一木造りで、顔がなかなかよく、平安朝形式で作られている。

お問い合わせ

下市町役場
下市観光文化センター
教育委員会

住所: 下市町大字下市3071番地

電話: 0747-52-1711  0747-68-9080

FAX: 0747-52-5159

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


 Copyright (C) Shimoichi town All Rights Reserved.