ページの先頭です

西来寺の扁額

[2016年5月17日]

ID:36

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

西来寺の扁額(下市町指定)

寺号扁額は開山にあたり蘭洲秀喜和尚が、師の隠元弾師に乞うて下付けされたものと考えられる。穏元自筆の扁額は極めて少なく、それだけに高雅でおおらかな趣をもつ筆跡は、穏元を偲ぶものとして非常に貴重視されている。寛文年間(1661~1673)の作とみられる。

西来寺の扁額の写真

西来寺の扁額
檜の一枚板造り 縦49cm 横91cm 厚さ3cm

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


 Copyright (C) Shimoichi town All Rights Reserved.