ページの先頭です

国民健康保険の給付

[2018年8月30日]

ID:142

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ある日突然けがや病気になったとしたら大変です。
みなさまの保険税によって、どのような給付が得られるのか?

給付一覧(病院にかかったとき)
給付の種類こんなとき受けられます受けられる給付の額
療養の給付病気、けが、歯の治療

(1)被保険者

   かかった医療費の7割(自己負担3割)
(2)70歳から74歳までの人 
 イ.昭和19年4月2日以降生まれの者

   かかった医療費の8割(自己負担2割)
 口.昭和19年4月1日以前生まれの者

   かかった医療費の9割(自己負担1割)
 ハ.現役並みの所得がある人

   かかった医療費の7割(自己負担3割)

療養費

(1)旅行中や急病などやむを得ず、「保険証」を提示できずに医者にかかったとき
(2)あんま、はり、きゅう(医師の同意が必要)柔道整 復師による治療を受けたとき
(3)コルセット等の補装具をつくったとき

(4)手術などで輸血に用いた生血代がかかったとき(医師が必要と認めたとき)

全額を支払ったうえ、あとで町に請求してください。
審査のうえ上記給付率に応じて払い戻しをします。
高額療養費ひとつの世帯で同じ月内の医療費が自己負担額を超えたとき(自己負担限度額は世帯により異なります)自己負担限度額をこえた額を払い戻します。
出産育児一時金加入している人が出産したとき420,000円
(産科医療補償制度に加入している分娩機関で出産した場合)
葬祭費加入している人が死亡したとき、葬儀を行った人に支給されます30,000円

交通事故などにあったとき

 交通事故、他人の飼い犬にかまれる、傷害事件に巻き込まれるなど第三者から傷病を受けた場合、本来その医療費は加害者が負担すべきものですので、原則として国民健康保険は使えません。

ただし、以下の手続きをしていただくことで、国保を使ってお医者さんにかかることができます。その場合、窓口でお支払いいただく自己負担以外の医療費(保険給付分)を国保が一時的に立て替えて支払い、後日、加害者にその立て替え分を請求することになります。


 1. 警察に届け出る

   交通事故等にあった場合、すみやかに警察に届出て「事故証明」をもらってください。

 2. 役場(国保担当)に届け出る

   警察で「事故証明」をもらったら、あわせて保険証・印鑑をご持参のうえ、「第三者行為による被害届」等を役場(国保担当)窓口へ提出してください。

※ 様式は、奈良県国民健康保険団体連合会( http://www.kokuhoren-nara.jp/download.htm )ホームページからダウンロードいただくか、国保担当まで問い合わせてください。


こんなときは、国保は使えませんのでご注意ください

・示談をすませてしまったとき

・勤務中や通勤途中での事故

・飲酒運転や無免許運転など不法行為による事故


資格喪失後の受診について

 転出や職場の健康保険に加入したこと等により、下市町の国保の資格がないにもかかわらず、下市町の国民健康保険被保険者証で医療機関等を受診した場合、後日、国保が負担している医療費を下市町へ返還していただきます。

国保の資格が喪失したときは、すみやかに役場(国保担当)窓口へ届け出てください。

なお、返還していただいた医療費は、受診時に加入していた職場の健康保険または他市町村国保等に「療養費」として申請することができます。


お問い合わせ

下市町役場
住民保険課

住所: 下市町大字下市1960番地

電話: 0747-52-0001  0747-68-9063  

FAX: 0747-52-0007

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


 Copyright (C) Shimoichi town All Rights Reserved.