ページの先頭です

軽自動車税

[2016年12月16日]

ID:154

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

軽自動車税のかかる人

原動機付自転車・軽自動車・小型特殊自動車(フォークリフト・トラクター等)・二輪の小型自動車を、毎年4月1日現在、下市町内に所有している方です。使用されていないもしくは盗難にあわれ車両がない等の場合でも、廃車手続きをされないと税金がかかります。

軽自動車税は月割による課税または還付がありませんので、4月2日以降に廃車等をされても、その年度分の税金は全額納めていただくことになります。

年間の税額

原動機付自転車の税率について
車種区分現行税率
(H27年度まで)
新税率
(H28年度から)
一種
(総排気量が50cc以下のもの)
1,000円2,000円
二種乙
(総排気量が50ccを超え90cc以下のもの)
1,200円2,000円
二種甲
(総排気量が90ccを超え125cc以下のもの)
1,600円2,400円
ミニカー(※)
(三輪以上で総排気量が20ccを超え50cc以下のもの)
2,500円3,700円

※ミニカーとは、車室を有するもの、または左右の車輪の間の距離が50cmを超えるものをいいます。登録する場合は、「メジャーをあてた輪距部の写真」等、ミニカーであることがわかる書類が必要です。

二輪の軽自動車の税率について
車種区分現行税率
(H27年度まで)
新税率
(H28年度から)
軽二輪
(二輪で総排気量が125ccを超え250cc以下のもの)
2,400円3,600円
二輪の小型自動車の税率について
車種区分現行税率
(H27年度まで)
新税率
(H28年度から)
総排気量が250ccを超えるもの4,000円6,000円
小型特殊自動車の税率について
車種区分現行税率
(H27年度まで)
新税率
(H28年度から)
農耕作業用(コンバインや田植え機などで乗用装置のあるもの)1,600円2,400円
フォークリフト・ショベルローダー4,700円5,900円
三輪の軽自動車の税率について(平成27年度から)
現行税率
平成27年3月31日までに
最初の新規検査をした車両
新税率
平成27年4月1日以後に
最初の新規検査をした車両
重課税率
(平成28年度から)
最初の新規検査から
13年を経過した車両
3,100円3,900円4,600円
四輪以上の軽自動車の税率について(平成27年度から)
車種区分現行税率
平成27年3月31日までに
最初の新規検査をした車両
新税率
平成27年4月1日以後に
最初の新規検査をした車両
重課税率
(平成28年度から)
最初の新規検査から
13年を経過した車両
乗用
営業用
5,500円6,900円8,200円
乗用
自家用
7,200円10,800円12,900円
貨物
営業用
3,000円3,800円4,500円
貨物
自家用
4,000円5,000円6,000円

※平成27年度4月1日以後に最初の新規検査を受けるものから新税率が適用されます。
(平成27年度は4月1日登録車両のみ新税率で課税、4月2日以降登録車両は、平成28年度から新税率課税)

※最初の新規検査(初度検査)とは、今までに車両番号の指定を受けたことのない軽自動車を、新たに使用しようとするときに受ける検査です。なお、最初の新規検査年月は、自動車検査証の「初度検査年月」に記載してあります。

軽自動車重課対象
  • 現行税率
     現行税率は、平成27年3月31日までに最初の新規検査を受けた車両で、新規検査から一定年数(13年)を経過するまで適用されます。
  • 新税率
     新税率は、平成27年4月1日以降に最初の新規検査を受ける車両で、新規検査から一定年数(13年)を経過するまで適用されます。
  • 経年重課税率
     重課税率は、平成28年度以降、最初の新規検査から13年を経過した環境負荷の大きい自動車に対して、環境配慮型税制(概ね20%)が実施されます。
     ただし、電気軽自動車、天然ガス軽自動車、メタノール軽自動車、混合メタノール軽自動車およびガソリンを内燃機関の燃料として用いる電力併用軽自動車並びに被けん引車は重課の対象から除きます。

平成28年度課税・平成29年度課税・平成30年度課税の判定の仕方は次のとおりです。

  • 平成28年度課税の重課対象
     平成14年12月31日以前に最初の新規検査をした車両(自動車検査証に記載されている初度検査年月が「平成14年」以前)
  • 平成29年度課税の重課対象
     平成16年3月31日以前に最初の新規検査をした車両(自動車検査証に記載されている初度検査年月が「平成16年3月」以前)
  • 平成30年度課税の重課対象
     平成17年3月31日以前に最初の新規検査をした車両(自動車検査証に記載されている初度検査年月が「平成17年3月」以前)

(注)自動車検査証の様式変更が行われた平成15年10月14日以前に最初の新規検査を受けた軽四輪車等は、初度検査の「月」の把握ができないため、最初の新規検査を受けた年の12月から起算して13年を経過した軽四輪車等を経年重課税の対象とします。

納期限 5月31日(土・日の場合は、翌開庁日)

登録・廃車・名義変更等の各種手続きについて

※軽二輪・二輪の小型自動車・軽自動車の登録等の手続きに必要な書類や手続き方法については、各機関に直接お問い合せください。

各種手続きについて
車種手続き・お問合せ先
原動機付自転車(125cc以下)
小型特殊自転車

下市町役場 税務課
TEL 0747-52-0001(NTT) TEL0747-68-9066(IP)
※申請人が代理人の場合、代理人の印鑑および委任状が必要になりますのでご注意ください。

(登録手続きに必要なもの)
・印鑑 (法人の場合は会社の社印)
・販売証明書(譲渡の場合は、廃車証明書および譲渡証明書)

(廃車手続きに必要なもの)
・印鑑(法人の場合は会社の社印)
・ナンバープレート
※車両の盗難やナンバープレートを紛失したときは、最寄の警察に届出をし、受理番号を確認のうえ税務課で手続きしてください。

軽二輪(125ccを超え250cc以下)
二輪車の小型自動車(250ccを超えるもの)
近畿運輸局 奈良運輸支局
大和郡山市額田部北町981-2 TEL050-5540-2063
軽自動車(三輪・四輪)軽自動車検査協会 奈良事務所
大和郡山市額田部北町980-3 TEL050-3816-1845

軽自動車税の減免制度について

申請により軽自動車税の減免を受けられる制度を設けています。詳しくは税務課まで問い合わせてください。

主な減免理由

  • 身体障がい者等が所有する車両で一定の要件にあてはまるもの
  • その構造が専ら身体障がい者等の利用に供するためのものである車両
  • 社会福祉法人等が所有し、かつ、その本来の事業の用に供する車両

お問い合わせ

下市町役場
税務課

住所: 下市町大字下市1960番地

電話: 0747-52-0001  0747-68-9066

FAX: 0747-52-9933

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


 Copyright (C) Shimoichi town All Rights Reserved.